おびし荘|北陸・粟津温泉|石川県市町村職員共済組合|石川県|小松市

 

おびし荘の由来

 
 
当館の玄関前方に、小高い丘があります。昔この丘の上にお寺があり、帯状の細い参道が
あったところから「帯仕山」といわれるようになりました。俳人「加賀の千代尼」がここに詣で、
この句を奉納しました。
粟津温泉は、養老二年(718年)七月、泰澄大師が白山大権現の神示によって開湯されたと
伝えられています。
古い傳承と歴史を秘める「帯仕山」の峰々にいだかれているところから 「 お び し 荘 」 と命名
いたしました。
<<おびし荘>> 〒923-0316 石川県小松市井口町ホ55 TEL:0761-65-1831 FAX:0761-65-1867